次女 2019年度(小3)ヤマハJアンサンブル2年目

次女Jアンサンブルコース2年目♪拍子に苦しむ

次女ヤマハ音楽教室・ジュニアアンサンブルコース2年目

 

 

 

相変わらず、グループメンバー全員の保護者がレッスン同席しています

 

特別変わったこともなく、レッスン進行しています

 

 

 

 

レパートリーブックから♪「ふなうた」合格

 

 

 

 

三女の個人レッスン教本で♪「人魚の歌」が出てきました

 

「人魚の歌」は「ふなうた」のハ長調バージョン

 

「一緒にやる~」と、二人同時に譜読みをしたのですが

 

 

 

 

三女が正確に読めた8分の6拍子のリズム

 

次女、なかなかつかめず(-"-)

 

 

 

 

三女に指導を頼みました、、、

 

 

 

 

 

 

 

レパートリーブックから次に選んで取りかかっている曲は

 

 

 

♪「友だちマンボ」

 

 

これ、苦戦してます

 

最後のタラッ、タラッ、タラッ、うんうんジャン!!のとこ
あってる?

 

 

母も分からない~(T_T)

 

もちろん次女も分からない~(T_T)

 

 

という事で、CD聴きまくりました

 

 

 

ところで、リズムが分からなくてCD聴くのって、カンニングしてる気分になるのは私だけでしょうか、、、(゚∀゚)

 

先生からも推奨されてるんだから、良いんだよね、、、?
リズムを確認するためではないはずだが

 

 

 

 

 

 

そして、前回のレッスンで、秋に行われるアンサンブルフェスティバルの楽譜が配られました~(・∀・)

 

 

 

はやっ!!

 

 

 

早くしないとね、、、

 

間に合わないからね、、、(-"-)
うちのグループみんなのんびり~

 

 

 

 

そして、ちょいと聴いてみたのですが
次女の先生は「めろでぃナビ」使用

 

 

 

拍子がつかめない(T_T)
4分の5拍子って何~?

 

しかも、テンポが速い(T_T)

 

これ、次女弾けるのかな(;´Д`)
歌う事もままならず~

 

 

 

 

 

普段グループでやってるレベルと違いすぎる( ;∀;)

 

 

 

 

 

思えば、1年前も同じ事を思ったような、、、
どうにかなるもんだ

 

 

 

 

 

昨年、アンサンブルの譜読みは

 

 

まずは、母が理解して、弾いて、咀嚼して、次女に伝える

 

 

という、非常にまずい方法をとりました

 

 

 

 

 

 

 

今年も、そうするしかない(゚∀゚)
だって絶対譜読みできない(´Д⊂ヽ

 

 

 

 

 

 

母、子ども達が学校へ行っている間に、早速練習してみましたら

 

 

 

 

3小節に20分かかる( ;∀;)
次女に伝えるにはいったい何分かかるの!?

 

 

しかも、「指番号をふる」という大仕事も( ;∀;)

 

基本パート練習は各自
レッスンでは合わせる練習
指番号等、分からないところだけ先生に聞く
グループレッスンは時間が限られているし、レッスン前後も詰まっていて先生にじっくり聞く事もできないのです(´;ω;`)

 

 

 

 

 

もう時間をかけてやるしかないね、、、(´Д⊂ヽ

 

 

夏休み、頑張ろ!!



*  *  *  *  *  *  *  *  


アメブロもしてます♪
「娘と母のピアノ日記(アメブロ版)」

-次女, 2019年度(小3)ヤマハJアンサンブル2年目