2016年度(小2) 長女

新しい曲を練習していくべきか、宿題にじっくり取りかかるべきか。

2017/05/06

長女小学2年生の宿題

♪ 新編こどものハノン 上より6番


 

♪ NEW ピアノスタディレパートリーコレクションズ 1 より「勇ましい騎手」


 

♪ プレインベンション(CD付)より 17「Menuet BWV Anh.114」


 

以上・・・('Д')

 

いや、いいんです
うちの長女、そんなにたくさん出来ないので(先生よくわかってらっしゃる!)

 

けれど

 

今は何と言っても冬休み
時間はたっぷりある(はず)💦

 

そしてお正月休み
レッスンが2週もスキップするんです💦

 

2曲はすでに読譜はすんでいて1回レッスンで見て頂いたもの
それを完璧にしていくべきと分かってはいるものの
長女は飽きる
母はレッスンがないのでどこを直せばいいのか分からない

という状態に陥っております

 

ピアノ弾けない母の悲しい所
前回指摘されたところが直っていないだけならまだしも
時によっては間違った方向に進んでいてもワカラナイ
外国語並にワカラナイ
指摘されないまま長女はあらぬ方向へずんずん進んでいくのです

 

ならば

 

質より量でいった方がいいのか?
良くなさそうだけど

 

1曲2曲でも譜読みしていってやる気を見せた方がいいんじゃね?
なんて思ってしまう訳です

 

だって3週間何してたの!?って事になるじゃないですか~💦

 

でも先取って譜読みしていった子が
「宿題をじっくりした方がいいんだよ」と言われたと聞いたこともあり。。。
でも期間が期間、なんせ3週間(>_<)

 

ど、どうなの先生!?
あー、年内最後のレッスンで聞いておけば良かったー

 

そんな母の心の葛藤を知らぬ長女は
宿題の曲はそこそこに
母の練習用からチャラララ弾いております
必要ないだろーーー



+ - - + - - + - - + - - +


5人家族の平凡な暮らしを綴ったブログもしています
興味を持っていただける方はこちらも御覧ください☆

「5人家族のマンション暮らし」

-2016年度(小2), 長女