その他

最近の読書本(ピアノ関係)

長女・次女は本が大好きなので、母が週1くらいで図書館へ行って本を借りてきます

 

 

 

希望を聞いて借りることもありますが、母が適当に選ぶこともあります

 

 

 

 

 

今回、次女の希望で借りたのは

 

 

ピアノはともだち 奇跡のピアニスト 辻井伸行の秘密 (講談社青い鳥文庫) [ こうやま のりお ]

 

 

 

辻井伸行さんの本です

 

 

以前、母のチョイスで借りて読んだので、覚えていたのでしょうかね

 

 

 

 

~ 以下抜粋 ~

 

 

 

■ ピアノの演奏では、強くて大きな音が遠くまでとどくのは当たり前です。けれど、ものすごく弱い音を遠くまでしっかりとどけるには、演奏の技術が必要なのです。

 

 

辻井君にはその技術と、『音をとどけたい。』という熱い気持ちがあります。

 

 

 

■ 辻井くんは、「聴衆に楽しんでもらいたい。」「聴衆が感動してくれる演奏がしたい。」と、聴いている人たちのことを第一に思っています。

 

 

こういう思いを抱いているからこそ、辻井君は「聴衆に愛され」「聴衆とつながる」ことができるのです。
 

 

 

 

 

*  *  *  *  *  *

 

 

 

 

 

良い事書いてありますよね~

 

 

少しでも心に響けば良いのだが...(ー'`ー;)

 

 

 

 

 

 

 

こちらも出会いは母のチョイス

 

 

その後、リクエストで2回読みました

 

 

幸せを奏でる私の音楽 小林夏衣・七本の指のハーモニー (感動ノンフィクション) (児童書) / 光丘真理/文

 

 

 

生まれつき「末端低形成症」という障害を持つピアニストの方のお話し

 

 

どれだけ努力されたのでしょう

 

 

「ピアノが好き!!」という気持ちで乗り越えてこられたのでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

こちらは繰り返し、繰り返し読みました
買ってあげてないけど

 

 

ベートーベンが好きというわけではなく、この伝記シリーズが好きな次女

 

ベートーベン (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記) [ 加藤純子 ]

 

 

 

 

 

 

 

 

バッハ様は、分厚くて字が小さいのしかなくて、途中で挫折してました(´・ω・`)

 

 

マンガも良いかもしれませんが...画が...受け入れがたい!!

 

 

 

 

マンガ音楽家ストーリー (1) バッハ [楽譜] (マンガ音楽家ストーリー) [ 岸田恋 ]

 

 

 

 

 

ヤマハの待合廊下に、読み易そうな作曲家の伝記がずら~っと並んでるんですよね~

 

 

誰も読んでなさそうだし、夏休みにでも借りようかな(・∀・)



*  *  *  *  *  *  *  *  


アメブロもしてます♪
「娘と母のピアノ日記(アメブロ版)」

-その他