長女 2018年度(小4)

長女レッスン♪ついにインヴェンションに入りました。

2019/02/17

長女のレッスン

 

コンクール終了後、2回レッスンが終了しました

 

 

 

何と

 

遂に

 

✨インヴェンション✨
新小5です。遅いって言わないで(T_T)

 

 

バッハ/インヴェンションとシンフォニア (ウィーン原典版) [ ヨハン・ゼバスティアン・バッハ ]

 

 

 

 

 

プレインベンション(CD付) 170269

 

から

 


全音 バッハ:小プレリュードと小フーガ

 

 

を経てのインヴェンションです(≧▽≦)

 

 

それと言うのも

 

先生:「来年に向けて頑張りましょう!!」

母:「頑張ってもらわないと、そもそもC部門になったら課題曲弾けるんですかね(-_-;)」
うちの子、教本の進みが遅いのです

先生:「ああ、そうそう!!インヴェンション始めましょう。課題曲にバッハは必須ですから、始めとかないとね(←間に合わないという事)。今日用意してもらっても良いですけど。」

 

という事で、レッスン室に併設されている楽器店ですぐにお買い上げ

宿題に出る、という流れです

 

 

 

つまり、学年並の進度に必死でしがみついている状況です(T_T)

 

 

1番はB部門の課題曲だったからな~

 

3年生でも弾きこなしてるんだもんな~

 

 

頑張れ、長女。。。

 

 

で、「インヴェンションは発見だよ✨」から

 

1番の「タラララララララ」のモチーフのフレーズ探し
長女、順不同に指さしていくため、「順番に探そうよ」と突っ込まれる(;´Д`)

楽譜を逆さにして、「こんなとこにもあるよ」

 

とか教えてもらって、長女驚いてました(*´▽`*)
まだ素直で可愛いもんだ

 

 

ほんと、バッハ凄すぎるね!!

 

 

 

そして、家に帰り、早速宿題に取りかかった長女

「片手ずつ!!」の母の指令(先生の代弁!!)をやはり無視

 

 

どいつもこいつも ( ゚Д゚)イラッ
どいつは次女で、こいつは長女

 

 

無理だから!!

片手ずつ、しっかりフレーズの区切りも沁みついてから合わせる!!

そんな合わせ方しても、また先生に怒られるだけだよ!!

 

と繰り返し、繰り返し

 

 

母、疲れちゃう(*´Д`)
見張ってないとひどいことなる

 

 

 

初回のレッスンは、片手ずつで見て頂きました

 

同席はしてなかったのですが、「片手ずつ弾いたら、先生の反応が良かったわ~ ( `∀´) ヘラヘラ」

 

だったそうです。。。

 

 

 

良かった=怒られなかった

 

だと思われます

 

 

 

で、ウチにはもう一人

 

学年並の進度にしがみついている人が。。。
やや振り落とされている感あり

 

 

次女・小学2年生
もうすぐ3年生

 

 

プレインベンション(CD付) 170269

 

から

 


全音 バッハ:小プレリュードと小フーガ

 

 

に昇格!!

 

長女のインヴェンションより不安 (゚ー゚;)



*  *  *  *  *  *  *  *  


アメブロもしてます♪
「娘と母のピアノ日記(アメブロ版)」

-長女, 2018年度(小4)