2019年度(小1)ヤマハアンサンブル1年目 三女

三女Jアンサンブルコース1年目♪あれ?ついていける?(;'∀')

2019/06/17

三女ヤマハジュニアアンサンブルコース1年目

 

 

 

前回の初回のレッスン記事では

 

 

「初回は、幼児科よりも少しペースが速いかな?という印象ですが、アンサンブルグループなので教本自体がゆっくり目ですし、ついていけるかなと思っています」

 

 

などと書いていたのですが、2回目にして先生が豹変されました(;'∀')

 

 

 

 

いや、私が知っている先生になっただけなのですが
個人レッスンの先生になった

 

幼児科は幼児科特別対応だったのですね、、、きっと

 

 

長女・次女・三女と個人レッスンでお世話になっている先生に、三女のグループレッスンを担当して頂いています

個人レッスンでは厳しい先生ですが、今まで幼児科のレッスンは別人か?と思うほど優しかったのです

 

 

 

 

 

ジュニア科2回目のグループレッスンは

 

 

「はい、エレクトーンの上に手を置いて。先生の弾いたフレーズを真似してね。」のところで

 

 

 

弾いたらすぐ手を降ろしてしまう子ども達

 

「手を降ろさないの。すぐに始まるよ。」「おーろーさーなーいーーー!!はいっ、すぐ弾く!!」(←真顔)

 

 

 

先生が弾いた所よりも先まで弾ける子ども達

 

つい弾いちゃう

 

「先生そんなとこまで弾いてないよ。よく聴いて!!」(←真顔)

 

 

 

 

八分音符、四分音符、二分音符、全音符の名称を聞かれ答えられない子ども達

 

「知らない?全員知らないの?それは知らないんじゃなくて忘れたって言うの。みんな幼児科で習ったでしょ」(←真顔)
三女、家で確認してもやっぱり答えられず~(´Д⊂ヽ

 

 

 

 

そのピシパシしたレッスンのおかげか、かなりテンポよくサクサクと進む

 

 

 

 

幼児科の時は

 

「これは何調?」

 

「〇調だったら何が付くの?」
ファ#とシ♭のこと

 

「〇調の和音は何?」

 

とか懇切丁寧に進んでいた部分が、全部分かってる前提
ちなみに三女分かってない

 

 

 

 

和音当ても、幼児科の時は「ピアノの周りに集まって、先生が弾いた音を歌う」だったのが、「先生が弾いた音を弾く」になっていて

 

 

今まで先生の指を見てカンニング、事なきを得ていた三女
時々後ろ向いて~、のときは怪しかった

 

 

 

大ピンチ(;'∀')
「ことりのけっこんしき」ファラレとファドレが聞き分けられず(T_T)

 

 

 

 

 

 

幼児科で同じグループだったお母さん

 

「何か、、、厳しくなってますね(;'∀')」

 

ですね、、、

 

 

 

 

別の幼児科から入った子のお母さん

 

「ついていける気がしません(;'∀')」

 

うちもしません、、、

 

 

 

 

もう一人別の幼児科から入った子のお母さん

 

「でも辞めると迷惑かけるし、、、(+_+)」(4人グループなので常に解散の危機あり)などと、既にそんな発言まで飛び出す

 

いやいや、頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

ついていけばきっと上手にしてくれる

 

 

 

 

 

それに、先生の厳しさは愛情ある厳しさなの!!

 

 

むやみやたらに冷たい訳じゃないの~!!

 

 

 

 

母同士、励まし合い、慰め合い、グループが上手く継続出来たら良いなと思います(゚∀゚)
大丈夫かいな?



*  *  *  *  *  *  *  *  


アメブロもしてます♪
「娘と母のピアノ日記(アメブロ版)」

-2019年度(小1)ヤマハアンサンブル1年目, 三女