2018年度(年長)ヤマハ幼児科2年目 三女

三女ヤマハ幼児科2年目♪幼児科基礎グレードを受けてきました。

2019/05/21

三女、幼児科音楽基礎グレードを受けてきました

 

日程は三月下旬で、三月中旬の発表会が終わってから、レッスンで少し基礎グレード対策がありました

 

 

 

対策といっても

 

・弾く曲(2曲+はと)を一人ずつみんなの前で弾く

 

・歌う曲を一人ずつみんなの前で歌う

 

・いつも通り聴音

 

・メロディー暗唱で、以前習った曲も歌う

 

・楽譜を指さして、指さされたフレーズを歌う

 

くらいでした

 

 

次女の時と比べると、あまりグレード対策はなかったです

 

 

 

当日はレッスン担当の先生と、担当以外の先生が一人

 

もう一人の先生は、若くてとても優しい雰囲気の先生でした

 

 

 

担当の先生が問題を出し、担当以外の先生は後ろで聞いておられます

 

入室から退室までの試験の流れです

 

 

あいさつ

 

次女の時には、名前を呼ばれ親子で入室 → 入口でかしこまって挨拶でした

 

その為、「おはようございます。○○三女(フルネーム)です。よろしくおねがいします。」を教えて行きました

 

が、とっても緩い感じで「三女ちゃん、はいはい、こっち入ってね~。この辺に立とうか。」って感じでゆるゆると開始

 

挨拶のタイミングを逃し、三女うろたえる(笑)

 

 

 

うたう(歌詞唱)

 

三女は「おはよう」を選曲

 

歌詞のある歌じゃなくても良いんですね(・∀・)
次女の時には歌詞のある歌から選ぶように言われたような。。。定かじゃないですが

 

ドレミで難なく歌いました。。。と言いたいところですが、高音がでないので低めで歌ってました(゚∀゚)

 

選曲が悪かった(;´・ω・)
練習中に気付いたけど、申し込み後だったのです

 

 

 

 

きく(メロディー暗唱・和音当て)

 

「おほしがひかる」でした

 

今回は次女の時と比べて、フレーズを細かく区切って頂けたのと、三女は割と得意なので問題なくできました

 

 

 

そこで、「弾く」に移りかけて

 

 

「あれ?あ、ここで和音当てもするんだっけ?そうだそうだ。ごめんね、三女ちゃんもう一回立って。じゃ、これ当ててね」と、和音当て

 

 

 

問題は基本の基本「ドミソ・シファソ」

 

正解しました

 

三女もこれが一番心配だったのですが、あまりの簡単さに拍子抜け(^_^;)

 

 

 

ひく

 

「かわいいはなたば」と「こぐまのマーチ」

 

偶然にも次女の選曲と同じでした
この記事を書きながら気付いた

 

問題なく終了

 

 

 

よむ

 

弾いた後、その曲の中から先生が指示したところを読みました

 

ト音記号とヘ音記号からワンフレーズずつ

 

これもレッスンでこんな風に問題出すからね、と言われていたので問題なく出来ました

 

 

 

つくる

 

「はと」の演奏

 

三女のグループは伴奏を考える、はありませんでした

 

みんなで先生が付けた伴奏を練習して、それを弾いてね、と言われていたのでその通りに弾きました
チャンチャンチャン、チャンチャンチャン、チャ―――――ン、チャンチャンチャン(分かる?)の、簡単なもの

 

問題なく終了

 

 

 

講評

 

レッスン担当以外の先生からの講評

 

「どれも上手に出来ました」みたいな感じだったと思います

 

 

 

最後にレッスン担当の先生からの講評

 

講評と言うよりは、「ジュニア科でもお姉ちゃんたちみたいに頑張ろうね。」と今後についてのお話
お姉ちゃんたち以上に頑張ってくれたまえ

 

そして、「家の方のご協力がないと難しいので、引き続きお願いしますね。」と母にもお言葉

 

 

 

以上、10分もかからず終了

 

雰囲気も次女の時に比べて緩く、あっさり終わりました

 

*  *  *  *  *  *  *  *

 

幼児科からの進路で迷っておられる方はこちらも参照してみて下さい

ヤマハ音楽教室に関する話題 → 「



*  *  *  *  *  *  *  *  


アメブロもしてます♪
「娘と母のピアノ日記(アメブロ版)」

-2018年度(年長)ヤマハ幼児科2年目, 三女