次女 2018年度(小2)ヤマハJアンサンブル1年目

次女Jアンサンブルコース1年目♪フィンガーエクササイズは大切らしい

次女、ヤマハ音楽教室・ジュニアアンサンブルコース1年目です

 

 

直近のレッスン記録

 

■ フィンガーエクササイズ3

 

前々回のレッスンで全然弾けない子もいて、先生に怒られました

みんなどうしても曲弾く方が楽しいからレパートリーブックの練習の方を頑張っているような印象です

 

「これちゃんとしないうちは、レパートリーしなくていいよ!」まで言われてしまい(´・ω・`)ショボーン

次の週はみんな見事に揃って弾けました
みんな頑張ったのね~

子どもには厳しさも必要という事だな

 

次はスタッカートが宿題

 

 

 

■ 「したてや」(ジュニア2)

 

レッスンでは両手とも伴奏を弾く宿題

次女は斬新なアレンジをする訳でもなく「ズンッ、チャッ」で
母はシンプルで好きよ

 

「ズーン、チャチャーン」(分かる?母、精一杯の表現)も考え着いたものの、メロディーにつられて弾けず(*´Д`)

母がメロディーを弾けば母もつられて弾けず

早々に断念、潔く撤退

 

他の子もテキストに載ってるような基本的なアレンジでした
「お~!!」っていうアレンジ聴いてみたいなぁ

 

 

 

 

■ 「ひとまねオウム」(ジュニア2)

 

元々のアレンジ力が乏しいというのに、熟考するでもなく楽にこなすことを考える次女

「ズンッ、チャッ」に決定
伴奏アレンジの宿題でした

 

 

 

次回は右手の変奏が宿題ですが、テキストに載っている変奏を一人一個ずつ割り振られ、それを練習していきます

次女は「調かえ工場」担当

 

 

 

■ 「もくばのゆめ」

聴いて歌う

 

 

■ 「おじいさんのおはなし」

メロディーを弾く

 

 

■ 「収穫のおどり」(レパートリーブック2)

 

「収穫のおどり」2週目で合格

 

 

「スタッカートが重い、鍵盤の近くで弾いてエッジの効いた音を出す、もっと軽やかに」と言われましたが、言う事聞かないよね~(*´Д`)

先生の弾き方と音、全然違うんだけど何故に気付かない?????

 

「収穫したものが持ちきれないような大きなかぼちゃになってるよ!りんごとかジャガイモくらいにしてみて!」と言われるも、変わらんよね~(*´Д`)
長女はこういう指導がすっと入るタイプなんだけどなー

 

 

次は「春を待つウクライナの娘」練習中



*  *  *  *  *  *  *  *  


アメブロもしてます♪
「娘と母のピアノ日記(アメブロ版)」

-次女, 2018年度(小2)ヤマハJアンサンブル1年目